社会保険労務士の本当の難易度!

はじめに申し上げると、社会保険労務士は非常に難易度の高い試験です。

合格率は、7~9%くらいですし、試験科目は8科目もあります。
また、各科目に合格基準が定められ、全科目満遍なく、学習することが求められます。
そのため、学習時間がかなり必要で、どんなに良い通信講座を受講しても
600時間以上は必要です。
これが独学なら、1000時間学習しても合格できない人も沢山います。

しかし、大変ではありますが、
例えあなたに知識がなくても十分に合格することの出来る試験です。

試験に不合格になる人は、独学で勉強していますし、思うように学習できていないので、
学習不足の方が多くなります。

逆を言えば、通信や通学でしっかりと学習すれば合格できる試験といえるのです。

このサイトですでに紹介したように社会保険労務士の受験者の多くは、
社会人です。
そのため、思うように学習できていません。

ある講師の話だと、社会保険労務士受験者の6割くらいは
学習不足だといっていました。
つまり、学習時間が全然足りていないのです。

その上独学で学習しています。

ですから、あなたが頑張って努力すれば、一発合格も十分に可能です。

ただ、そのためには1年近く学習中心の生活が必要です。
睡眠時間を削らなければいけませんし、やりたい事も我慢しなければいけません。
それを我慢して学習を続けられれば、社会保険労務士に合格できるのです。

そして、試験に合格できれば、今まで大変だった生活から抜け出す事ができて、
充実した毎日を送る事ができます。

社会保険労務士に合格するのは大変な事ですが、試験に合格すればその大変さを忘れるような世界が待っています。
その事は忘れずに学習を続けて下さい。