社会保険労務士を通信講座で勉強するあなたへ!

社会保険労務士は、学習時間が思うように取れない社会人が多いので、
自由な時間と場所で学習できる通信講座のお話をしていきます。

現在の通信講座は、しっかりとした会社の講座(社会保険労務士に合格するためのマニュアルなどを販売しているところは除く)なら、それなりの内容になっています。
ただ、どうせ通信講座を受講するなら、出来るだけ内容が良く、受講料が安いところを
選びたいと思います。
そして、そうした通信講座は実際にあります。

理由は省きますが、通信講座の世界では、価格が高ければ内容が良く、安ければ悪いということはありません。

それでは、どうすれば内容が良く、受講料の安い通信講座を見つけられるか、
そのポイントを紹介します。

■通信講座専門であること
通学講座がやっている通信は受講料が高いと感じている方も多いと思います。
そして、学校だから内容が充実しているので、高いと思っているはずです。
しかし、それは違います。

通学のやっている通信は、リッチの良い場所に教室を抱え、多くの従業員を抱えているので、受講料が高いのです。
もし、通信の受講料を下げてしまうと、受講生が通信に流れ、学校経営が成り立たなくなります。
ですから、通信と通学の受講料は変わらないのです。

対して通信講座専門校は、教室をもつ必要はなく、従業員もそれほど必要ないので、
受講料が安いのです。
また、通信講座専門校の方が通信で合格させるための精度が高くなります。

■映像で見られるDVD講義が付いている事
大手の通信講座でも講義が付いていないところがありますが、
講義がなければ独学と変わりません。
通信であろうと通学であろうと学習の基本は講義です。

ただ、講義なら何でも良いのではなく、映像で見られる講義がベストです。
何故なら、映像で見ることで、視覚・聴覚を使うので、学習効果が高くなるのです。
(通信講座専用に撮影している事が条件)

■テキストはフルカラーで図表化されている事
白黒のテキストになっている通信講座が多いのですが、
やはりフルカラーがベストです。
何故なら、フルカラーなら脳に刺激を与え、記憶効果が高くなるからです。

また、図表化されていることで、法律の仕組みが理解しやすくなります。

最低でも以上の3点を網羅している通信講座を受講して下さい。