社会保険労務士に独学で学習するあなたへ!

ここでは何故独学で勉強して社会保険労務士に合格できないのか根本的な理由をお話していきます。そのことを理解していなくては、どんなに頑張って独学で勉強しても社会保険労務士には合格出来ません。

大抵の方が社会保険労務士に独学で勉強して合格できない理由は、
「時間がかかりすぎる」からです。

独学で勉強すると、毎年試験に出題されるような学習ポイントもわかりませんし、
講義を視聴せず、テキストの文字だけで知識を理解しなければいけないので、
何倍もの時間が必要になります。

また、市販されている教材は、学校に通学してもらうための宣伝を目的としているので、
それほど濃い事が書かれているわけではありません。
そのため、通信・通学に比べ、何倍もの学習時間が必要なってくるのです。

そして、時間が必要になるという事は、その分多くのことを犠牲にしなければいけません。

例えば、
●睡眠・食事の時間
●テレビや雑誌・本を見る時間
●趣味の時間
●ぼっーとしている時間
●お酒を飲む時間
●家族や恋人との時間
など、そうした時間を何年間も我慢しなければいけないので、勉強する事が苦痛になり挫折していくのです。

もちろん、はじめは誰でもモチベーションが高く、1年間は色々な事を我慢して、勉強する意気込みはあると思います。

しかし、実際に勉強してみると、「内容が理解できない、問題が解けない」など勉強がつまらなくなることや「疲れたから勉強したくない、テレビをゆっくり見たい、趣味の時間がほしい」
などとなり、3ヶ月後には挫折する人がほとんどです。

しかし、そうしたことは誰にでもあることであなたが悪いわけではありません。
人間は楽な方へいきたがる生き物なので、仕方ないのです。
だからこそ、そうならないための学習法を選んでほしいと思います。

ただ、誤解しないでほしいのは、独学で勉強するなと言っているわけではありません。
独学で勉強して合格するのは、物凄く大変なことだと理解ほしかったのです。
多分その大変さはあなたの想像をはるかに超えていると思います。

独学で社会保険労務士の学習をする方は、
しっかりとした覚悟をもって望んで下さい。