女性が社会保険労務士として就職したら

社旗保険労務士は独立開業する資格ですが、約3割は企業に就職して仕事をしています。
いわゆる勤務社会保険労務士と言われている人達です。

勤務社会保険労務士は、自分の会社の労務管理をすることになるので、
総務や人事などの部署で仕事をする事になります。
また、社会保険労務士事務所に就職する場合は、独立開業するのと同じで、
各企業の労務管理を行ないます。

ですから、仕事内容は、独立しても就職してもそれほど変わるわけではありません。

しかし、待遇は異なります。
社会保険労務士事務所に就職する場合は若干違いますが、各企業に就職した場合、
普通の会社員とおなじ待遇です。
社会保険労務士だからといって特別なわけではありません。

そのため、年収や就業時間などの条件が厳しく、社会保険労務士のメリットは特別ないと思います。
もちろん、企業によっては資格取得者を優遇してくれるケースもありますが、
たかだか知れています。
ですから、社会保険労務士は、独立してそのメリットを最大限活かせるのです。

しかし、例外として、資格取得直後は、勉強のため、何処かの企業や社会保険労務士事務所に就職するのも良いと思います。

いくら試験に合格したといっても、はじめはどんな仕事をするのか、どのようなことをすれば良いのか良くわからないと思います。
そうした状況で、独立開業しても上手くいくはずがなく、廃業するのは目に見えています。

対して就職すれば、様々な条件は悪くなりますが、仕事のイロハを学べるので、
社会保険労務士としての土台を作る事が出来ます。
もちろん、せっかく大変な勉強をして試験に合格したのにも関わらず、
給与が安く、仕事がきついのは心外だと思いますが、
それは勉強と割り切れば耐えられると思います。

ただ、最終的にどうするかはあなたが決める事ですので、独立と就職のメリット・デメリットをしっかりと考えて決め手下さい。