女性におすすめする社会保険労務士とは?

社会保険労務士とは、企業の労務管理や年金のスペシャリストとなります。
労務管理とは、
●雇用管理
●賃金管理
●作業管理
●時間管理
●教育管理
などのことを言います。

年金に関してはその名の通りです。

それでは社会保険労務士は、具体的にどのような仕事をしているか
例えば就業規則の作成です。

就業規則では、就業時間、賃金、退職、雇用など、従業員がその企業で働くための決まりや条件が書かれている重要な書類です。
社会保険労務士はその就業規則を専門の法律知識に基づいて作成していきます。

しかし、ただ知識があれば良いというわけではありません。
その企業や業界には独特の文化や風土があり、それにあわせて就業規則を作成しなければいけません。

例えば、外食企業で、土日休みの週休2日はありえませんし、朝9時から5時までの
就業時間にするわけにはいかないと思います。

また、賃金体系にしてもその企業の業績や業界の基準がありますので、
労働者のことだけ考えれば良いというわけにはいかないのです。
ですから、ただ単に法律の知識だけはなく、その業界についても深い知識が必要になります。

その他にも、社会・労働保険の手続き、社員教育の指導、給与計算など
様々な業務をこなします。

また、企業以外の仕事でも、各個人に対して年金の請求やアドバイスなどの仕事もあります。

そしてこのような仕事は、女性ならではのきめ細かな気配りや繊細さが要求されるので、
女性に向いている仕事なのです。
現に社会保険労務士の約4割は女性だと言われています。

ですから、社会保険労務士は女性でも十分にやっていける仕事で、
活躍の場も多いと思います。